人名集


『ア』

アリェーニ:ダジル国前王妃。艶やかな黒髪と、濡れ羽色の瞳。絶世の美女と名高く、優しい、儚い女性だった。王子を出産後病を得て、ずっと床に臥せっていたが、第二次国境大戦の最中に病状が悪化し、亡くなる。享年39歳。


イェラキ:現アレス国王。鳶色の髪と目を持っている。穏和な性格で、争いをあまり好まないが、剣の腕は一流。ネスルが王女として立っていた時期は、ネスル付きの近衛兵だった。現在35歳。


ヴォルク:ダジル国の王子。ダジル国第一王位継承者。黒に近い深紅の瞳と、黒の髪を持つ。寡黙な少年。現在19歳。


エシリア:ダジル国の下町にある酒場『猫の館』の美しい歌姫。若くして王宮にて歌っていたこともあるほどの実力者。歌の他にも、様々な楽器を弾きこなす。現在25歳。ネーシャとは夫婦。昔のよしみでリシッツァと友好があるとか。




『カ』

ガーラ:ユーサの叔父。戦記司だった。優しい風貌の、穏やかな人だった。享年43歳。


ククヴァヤ:サクルの侍女兼教育係。博識。現在25歳。鳶色の髪をすっきりとひとつに束ねた、しっかりした印象の女性。




『サ』

サクル:アレス国の女王ネスルの妹姫。白銀の髪に蒼い瞳を持つ、愛らしい少女。明るく社交的で、優しい性格。現在18歳。『地の上を歩むモノの詩』の歌い手。


ズミェイ:メドヴェージの重臣で親友だった男性。慎重で、細々とした部分によく気がつく。痩せ型で、柔和な面立ちをしている。現在39歳。




『タ』

トーニャ:トントの母。トントと同じく白の子で、儚げな美しい人だった。


トンカ:トントが住む村の村長である婆。色が抜けて真っ白になったパサパサの髪と、白く濁った目をしている。顔はしわくちゃで醜いが、よく見ると愛嬌がある。皮肉屋でしょっちゅう人をからかうが、その実とてもおおらかで優しいため、村人皆に慕われる。母親を亡くしたトントを引き取り、彼女なりに慈しんで育てている。年齢不明。


トント:真っ白な肌、白銀の髪、銀の瞳を持つ、華奢な少年。気弱だが優しい性格。白の子であったために、村の人々からあまりいい扱いは受けていないが、猫の館で働いており、ネーシャやエシリア、常連客からは可愛がってもらっている。家族は母がいたが、数年前に亡くしてからは、村長であるトンカ婆のところで日々を過ごしている。トンカ婆からは可愛がってもらっている様子。現在12歳。




『ナ』

ネーシャ:ダジル国の下町にて、酒場『猫の館』を経営する酒場主。ひょろりとした長身痩躯の優男で、赤茶けた黒髪と、いたずらっぽい瞳が特徴である。現在28歳。エシリアとは夫婦。


ネスル:アレス国の現女王。白銀の長い髪を高く結い上げ、すっきりとした涼しげな目元には強い意思が感じられる。飾らない性格で、戦時には前線にて指揮を執るほどの勇ましさをも持つ。妹姫のサクルを可愛がっている。現在29歳。




『ハ』

ハーナ:小高い山の一角に庵を組んで生活している、民草のための医術師。しっかりとした女性。黒く、真っ直ぐな髪を肩口で切り揃えている。涼しげな目元が印象的。ユーサとは幼馴染み。現在22歳。




『マ』

メドヴェージ:前ダジル国王。黒髪と強い意思を秘めた黒に近い深紅の瞳を持つ。厳つい風貌だが、案外おおらかで気さくな性格のために、多くに慕われていた。王妃に先立たれてから、少しずつ狂い始め、ダジル国とアレス国の間に、第二次国境大戦を引き起こした。享年40歳。




『ヤ』

ユーサ:戦記司。柔和な笑顔が印象的な女性。元々は黒髪黒眼だったが、いまは仕事が原因で色が抜けて、柔らかな薄茶色の髪と瞳をしている。現在22歳だが、戦記司見習いになったのは15歳のとき。18歳で戦記司として一人立ちする。ハーナとは幼馴染み。




『ラ』

ラタ:リスのような尾と耳を持つ、小柄な少女。瞳は深い蒼。柔らかな髪や尾と耳を覆う毛は焦げ茶色。優しいが、臆病な性格。魔の子。現在10歳程度だが、5、6歳に見えるほど小さく、幼い風貌をしている。


ラーダ:ヴォルクの幼馴染みであり、従者。ざっくらばんで大胆な性格。ヴォルクに対して心配性なきらいがある。黒髪をさっぱりと短く切り揃えている。表情が豊かで、元気がいい兄貴分。現在20歳。


リシッツァ:ヴォルクの叔父で、メドヴェージの弟。メドヴェージにはあまり似ておらず、優男なイメージが強い。おおらかで気さくな性格はよく似ている。口がうまく、よく口下手なヴォルクをからかっている。メドヴェージの重臣であり、ダジル国第二王位継承者。現在32歳。




『ワ』