異能力マフィア抗争

 

 

『りぃは和装マフィア「炎龍」の同盟に属するマフィアの医療班幹部です。朱色の髪と銀色の目をしていて傲慢な性格。物質をすり抜ける能力を持ち、使用武器は爆弾。』

…という診断結果から派生した作品です。

 

・*・*・*・*・*・

 

 

「…っふ、あはははは…っ!」

炎の中に、朱色の髪と白衣の裾が踊る。

きゃらきゃらと上がる、幼さすら残した高い声の主は、恐怖に染まった我等の眼前で、分厚い防弾ガラスをすり抜けて見せた。

「あたしに壁は存在しないよ、逃げたって無駄…!」

傲慢にもそう言い放つと、懐から小さな金属の塊を取り出した。唇がいびつな笑みを浮かべる。

「ねぇ、これ、なにかわかる…? わかるよね? そう、爆弾!」

幼子のような無邪気な物言いで、事も無げに残酷な言葉を吐くその目は、触れれば切れそうなほどに鋭利な銀色。

「あなたたち、逃げ場はないものね? じゃあ、あと数分の命、楽しんで」

ぽん、と玩具でも放るように無造作に爆弾を投げ置くと、その女はくるりと我等に背を向けた。ひらひらと手が振られる。

「じゃあ、あたしは特攻した馬鹿たちの治療しにいかなきゃだから、ばいばぁい」

さも楽しげに言い残すと、女はまたガラスの壁をすり抜けて、どこかへ消えていった。

目の前で閃光が弾ける。

刹那。

次は地獄の底で会いましょう、と。

どこからかあの女の声が聞こえたような気がした。

 

 

 

      

 

 【診断結果から書いた作品のトップへ戻る】

【感想:手紙箱】